チャップアップは若者向けでプロペシアは中高年向け?理由は?併用は?

チャップアップとプロペシアは、薄毛対策に最適です。でも、だれにでも最適ではなく、チャップアップは20~30代に、プロペシアは40代以上に最適なんです。

年代で分かれるのは、薄毛の原因が違うから。そのあたりの事情と、チャップアップとプロペシアの併用についても説明していきます。

チャップアップとプロペシア・薄毛には年代別に使い分け

チャップアップとプロペシアを選ぶには、何を基準にするかですよね。薄毛の原因・症状で決めるんですが、その検証から始めましょう。

薄毛だったらAGAだからプロペシアがいいよね?

薄毛の原因といえば、AGA(男性型脱毛症)と思われがち。

確かに全体的に見ればそうなんですが、次のようなデータがあり、AGAの発症率は年代によって大きく変わります。

年齢層 発症率
20代 6%
30代 12%
40代 32%
50代 44%
60代 51%
70代 61%

40代から急速に増え始め、加齢とともに非常に多くなりますが、20~30代ではわずかな人にしか起こらないものなんです。

なので、20~30代の人の薄毛でAGAを疑うと、的外れの可能性が大。AGA向けの対策では、効果が出る可能性は少ないでしょう。

例えばプロペシアです。この薬は、AGAによる脱毛抑制には特効薬的な効果を持ちます。でも、AGA以外には、ほとんど効果は見込めません。

プロペシアはAGAが多い40代以上ならかなり期待できますが、20~30代ならチャップアップを使った方がいいでしょうね。

AGAの薄毛を改善する方法は?

ここでちょっとだけ、AGAへの対処法に触れておきますね。

AGAは、男性ホルモンが酵素の5αリダクターゼと結合、DHTという強力なホルモンに変わります。このDHTが髪の成長を止め、抜け毛を起こすのがAGAなんです。

主な対処法は、5αリダクターゼの働きを止め、DHTを作れなくすること。プロペシアもチャップアップも、この方法でAGAによる脱毛を防ぎます。

チャップアップの薄毛対応力は広範囲に及ぶ

20~30代の薄毛はAGAではなく、さまざまな原因が絡み合うことが多いんです。チャップアップは守備範囲が広く、そんな薄毛に向いています。

チャップアップの成分に期待できる作用は、血行促進や皮脂の過剰分泌抑制、頭皮環境の改善、栄養補給など。

主成分はM-034で、血行促進作用のほか、毛根の細胞を活性化する作用があり、ミノキシジルと同じような成長促進力が期待できます。

チャップアップはプロペシアと同じAGA対応が可能

それに、プロペシアほど強力ではありませんが、AGAにも対応できます。5αリダクターゼの働きを抑え、DHTを作れなくするのはプロペシアと同じ。

チャップアップには、ヒオウギエキスやオウゴンエキスなど、4種類の成分が配合され、協調して5αリダクターゼの働きを抑えます。

こんなことができるのは、チャップアップの成分が多いから。総成分数は81種類あり、それぞれが多彩な作用を発揮して、AGAを始め薄毛の症状を改善します。

チャップアップは脱毛抑制と発毛促進、それに頭皮や栄養状態まで改善。バランスのいい育毛作用が特長です。

概略から、さらに詳細へ進みます。

チャップアップとプロペシア・効果や特長をさらに深掘り

それぞれ薄毛の改善にはかなり期待できそうです。効果について、もう少し詳しく説明しましょう。

プロペシアには医薬品ならではの脱毛防止効果が

プロペシアの有効成分はフィナステリドで、劇薬指定の処方箋医薬品です。市販はされていません。

厚生労働省の審査を受けて認可されたもので、それだけに、効果についての信頼性はバツグン。

AGAの改善効果についての臨床試験も実施されていて、例えば3年間使用の後には98%の人に改善・維持効果が認められました。


出典元:https://www.msdconnect.jp/products/propecia/medical_3y.xhtml

何らかの改善が78%で、現状維持が20%という結果でした。悪化したのはわずか2%なので、かなり高い割合で効果が実感できたことに。

AGAの人、つまり、多くは40代以上の人であれば、薄毛の状態、個人差などにほぼ関係なく効果が確認されています。

こうしたこともあって、日本皮膚科学会ではフィナステリドをAGAの治療に使うことを、「強く推奨する」Aランクに評価しています。

プロペシアは、厚労省と専門医が認めたお墨付きの薬なのです。

プロペシアには副作用もついてくる

プロペシアは高い効果が認められていますが、劇薬に指定された副作用のリスクが高い薬です。添付文書を見てみましょう。


出典元:https://www.msdconnect.jp/static/mcijapan/images/pi_propecia_tab.pdf

一見して、症状が多いのが生殖器関連の副作用ですね。発症頻度が高いのは性欲減退で1%以上、続いて勃起機能不全や射精障害、男性不妊症などが並びます。

プロペシアは、精子のDNAを損傷する可能性があるし、精子のタンパク質を減らして妊娠しにくくなるといわれます。その精子で妊娠すると、胎児に影響が出る危険性も。

さらに困ったことに、薬を止めたのに症状が残る後遺症があるんです。現状では原因・治療法も未確認で、数年間も治らない例も報告されるほど。

こんなことがある以上、結婚や子作りを予定している20~30代の人には、プロペシアはおすすめできませんね。

チャップアップはAGAでない20~30代の薄毛に最適

20~30代の薄毛というと、生活習慣が原因のことがほとんど。具体的には、以下のようなことが挙げられ、しかもこれらが互いに関係しあいます。

  • 血行不良
  • 栄養不良
  • 頭皮の育毛環境悪化

こういう原因で起こった薄毛には、厚労省や学会お墨付きのプロペシアは無効!

チャップアップの81種類の成分は、作用が多岐にわたります。なので、いくつもの原因が絡み合った20~30代の薄毛でも、チャップアップなら柔軟に対応することができるのです。

頭皮への血流を増やす

育毛には血流が大きな役割を果たします。髪を作るための栄養は、血流に乗って頭皮、毛根へ。

ストレスや睡眠不足、タバコ、運動不足といった原因で血行が悪くなると、栄養が不足して髪が成長できません。やがては抜け毛が増えて薄毛へと進みます。

血流確保は育毛の大切な要素だけに、チャップアップの血行促進成分は豊富です。主成分M-034に有効成分のセンブリなど、20種類で手厚く対応します。

髪の栄養補給

血行促進だけでは、十分な栄養補給はできません。肝心の栄養が不足していたのでは無意味ですね。栄養不足の原因は、偏食や乱れた食習慣、ダイエットなど。

髪の栄養はアミノ酸で、これが毛母細胞でケラチンというタンパク質に合成されて髪になります。

この原料が不足すると、成長不良で抜け毛・薄毛になるんです。そうならないよう、チャップアップには15種類のアミノ酸が配合されます。

頭皮の環境改善

頭皮が不健康で、荒れたり炎症が起こっていれば髪の毛は成長できません。頭皮の環境悪化の原因は多様で、対応もなかなか大変なんです。

例えばストレス、ヘアケア、紫外線、帽子、タバコ、寝不足など。

こういった要因に、チャップアップは保湿、抗炎症、抗菌、頭皮引締めといった手段で頭皮を改善。そのために、10種類以上の成分を投入して改善に当たります。

チャップアップはサプリ併用で効果アップが期待

髪の栄養は、チャップアップからだけでは限界があります。やっぱり体の中からのほうが、吸収率がいいんです。食事からがベストですが、簡単確実なのはサプリですよね。

チャップアップサプリはノコギリヤシが主成分

そこでおすすめしたいのが、チャップアップサプリです。育毛サプリなので、栄養成分の他に、育毛成分が豊富に配合されています。

チャップアップサプリの主成分は、ノコギリヤシです。

この成分には、あのDHTの生成を抑える作用があるんです。プロペシアと同じ、DHTを作る5αリダクターゼの働きを抑えます。

効果のデータも出ています。海外でプロペシアとの比較試験があり、プロペシアで68%の人に効果があったのに比べ、ノコギリヤシは38%に効果があったという結果でした。

植物エキスなのに、この成績は立派なものでしょう。副作用とは無縁ですしね。

成分数が38種類でコスパも最高

他にも成分は豊富で、育毛サプリには必須の亜鉛を始め、フィーバーフューやカプサイシンなど、期待できそうな成分が揃ってます。

このサプリは、もちろんチャップアップとの併用が最も効果的です。別に買うと6,620円ですが、チャップアップとのセットで定期便だと9,090円。

効果の期待も大きくなって、割引率が39%OFFはお得。コスパ最高のオススメコースです。

コスパといえば、価格の違いはどうなんでしょう。

チャップアップとプロペシア・かかる費用を比較してみる!

効果とともに、値段も重要な要素です。それには、購入方法も関連します。

チャップアップで薄毛改善するといくらかかる?

チャップアップは通販専用。最安値は公式サイトなので、その値段で比較します。

  チャップアップ
単品都度購入(送料込) 8.060円
1本定期 7,400円
2本定期 6,000円
サプリ付き定期 9,090円

育毛剤は長期使用になるので、毎月定期的に届く定期購入が一般的。売れ筋の1本定期では7,400円、最安値の2本定期では6,000円という値段です。

一番人気は、効果アップが期待できるサプリ付き定期で、こちらは9,090円で買えます。

プロペシアで薄毛改善するといくらかかる?

プロペシアは、基本が処方薬です。ですが、薄毛治療は薬価・点数が決められていない自由診療なので、薬代・診察料はバラバラ。

実勢価格は、薬代が4,000~7,000円ぐらい。診察料込で15,000~30,000円程度でしょう。

処方以外に個人輸入でも入手でき、正規品は4,000円まで、ジェネリックは1,000~2,000円ほど。安いんですが偽物の可能性があり、健康被害があっても自己責任です。

参考元:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/kojinyunyu/

40代以上でお財布が許す方はクリニックでの処方を、20~30代の人は、安心安全で購入しやすいチャップアップをおすすめします。

二択よりも併用するのが効果的では?

チャップアップとプロペシア・併用すれば効果はどうなる?

詳しく検証してきましたが、チャップアップとプロペシアの薄毛の改善は、それぞれ違う方法でしたね。

この2つを併用すると、互いに足りない部分を補うので、同じ作用を重ねるよりは効果的なんです。プロペシアと発毛薬・ミノキシジルの併用がいい例です。

併用すると、プロペシアにはない頭皮の改善、栄養補給などをチャップアップが一手に引き受け、脱毛が止まった後の髪の成長を、効率よく進めてくれます。

ただ、問題は、併用で何か問題が起こらないかということ。成分同士が効果を打ち消し合うなど、逆の方向に働くことが心配です。

チャップアップとプロペシアの併用は問題ない

チャップアップには、プロペシアの主成分・フィナステリドと干渉する成分は配合されていません。なので、併用自体には何も問題は起こらないでしょう。

ただこれは、外用と内服という使用法が違うからできること。チャップアップと同じ頭皮に使うタイプの併用はNGです。

理由は、成分の内容以前に、吸収性の低下や頭皮に悪影響が出ることが考えられるからです。

チャップアップ&サプリセットとプロペシアの併用も問題ない

次に、プロペシアと、チャップアップとセットで使われる、チャップアップサプリとの併用についてです。

サプリはプロペシアと同じ内服ですが、サプリ自体は食品です。医薬品と干渉するようなものは含まれず、大量に飲まない限り、問題は起こりません。

なお、サプリの成分ノコギリヤシは、プロペシアと同じ作用です。でも、抑制する5αリダクターゼは、プロペシアがⅡ型でノコギリヤシはⅠ型。

重複せず、逆に相乗効果が期待できる関係なので、心配なく使って大丈夫です。

まとめ

薄毛対策の要点は、AGAかどうか、です。AGAは40代から急増し、加齢とともに圧倒的多数に。

40代以上での薄毛対策は、経済的に可能ならプロペシアがいいでしょう。ただ、時間はかかりますが、チャップアップでも対応は可能です。

逆に、20~30代にはAGAは少数派なので、まずチャップアップでの対応を。

チャップアップの作用は広範囲なので、原因は問わず値段も手ごろ。副作用の心配もなく、子作り世代も安心です。

サプリ併用が効果的なので、コスパのいいチャップアップ&サプリセットがおすすめです。